引越し費用の相場と料金の目安

    
     

この記事を読むのに必要な時間は約 12 分です。

これまで住んでいた住宅を離れて新しく移り住む場合は荷物を新居に届ける作業を行う必要性がありますが、その作業をする方法としては業者に依頼するか若しくは自分で車を用意して荷物を運ぶ方法などになります。

どの方法で荷物を運ぶ場合も共通しているのは手間がかかるという点で、特に世帯での転居になってくると住んでいた人の分だけ比例的に荷物が増えてしまうため、負担はかなり大きくなることが想定されます。

少しでも転居にかかる負担を抑えたいという場合は引越し業者に依頼して転居を進めていくという方法がベストな方法になってきますが、その際にかかってくる引越し費用については転居の規模などによっても変わってくるため、事前に見積もりなどを受けておくとよいかもしれません。

今はインターネットを使うことによって簡単にチェックすることができるようになっているのでインターネットの引越し見積もりサイトの利用はお勧めになってきますが、引っ越し費用というのは単に業者へ支払う必要があるお金だけでなく、新しい生活を始めようとする費用なども別途でかかってきます。

総合的に考えて進めていく必要がありますが、新しい生活を始めるための環境作りについては引越し業者に依頼した中でオプション利用を効率的に利用することによっても金額はかなり抑えることができることもあります。

ただし、引越し費用のことばかりをメインに持ってきてもサービスが悪い場合は本末転倒になので総合の面で考えていく必要があります。

昔に比べると引越し費用もプランによってはかなり落ち着いてきているので自分にあったプランで転居を進めていくことも可能になってきますが、事前にきちんと準備を進めておくことは重要なポイントとも言えます。

失敗しないためにも計画には余裕を持たせることが大切ですが、余裕がないとそれだけ選択肢を狭まれることになってしまうことを考えると余裕を持つことは非常に重要だと言えるでしょう。

引越しをする前に知っておきたいこと

全体的な流れを把握する

これまでに住んでいた住宅から新しい住宅に移り住むことを転居と言いますが、人だけが移り住むのではなく荷物も一緒に新しい住宅に運ぶことになるので、業者などに依頼して荷物を運んでもらうことになります。
その際に引越し費用が発生するのですが、どれくらいの金額が発生するのかという点については荷物の量などによっても変わってくるので一概には言えないところがあります。
引越し費用を少しでも抑えたい場合は見積もり比較サイトの利用などがおすすめとなってきますが、これを利用することによって簡単に引越し費用が安い業者をピンポイントで探すことが可能になります。

また、業者に依頼しても荷物を新しく運ぶというのはそう容易いことではなく、時間がかかってしまうことも想定されるので事前の準備が必要不可欠になってきますが、全体的な流れを把握して対応することが大切です。

業者に依頼する方法だけがすべてではなく、他にも自分で荷物を運ぶという方法もありますが、荷物を運ぶ車両などがあれば事前に運ぶことは簡単にできると思います。
今はインターネットがあるので大まかな情報は簡単に収集することができるようになっていますが、トラブルをできるだけ起こさずに転居を進めていくのであればきちんと準備をすることが肝要です。

そのためにも全体的な流れを把握することが大切ですが、流れをあらかじめ把握することで効率よく転居を進めていくことが可能になってくると思います。

いろいろある業者

引越し業者に依頼して転居を進めていく方法が転居をする上でのスタンダードな方法となっていますが、素人では重たい荷物を持ち運びするのがかなり大変になってくるので、危険性の面も考慮するとやはり業者に依頼するという方法がベストです。
引越し費用を少しでも抑えたいというのであれば自分で荷物を運ぶという方法が確かにベストにはなってきますが、今や格安の業者などもいるので上手に活用することによって荷物を運んでもらったとしてもかなりお得に運んでもらうことができます。

引越し費用はさまざまな費用から計算されますが、できるだけ抑えたいのであれば転居にかかる費用のシミュレーションを受けることができるようになっているので、これを活用することによってチェックすることも可能です。

ちなみに引越し費用が安い業者は配送業者や宅配業者などですが、これらの業者では本業の配送などで空いたスペースを活用しての転居となるので、時間的な制約を受けてしまうものの費用を抑えることができるためかなりお得になっています。

最近は個人での業者も増えている傾向にありますが、個人業者に依頼する場合も費用はかなり安くなっているものの、トラブルリスクなどを考えると安いだけがすべてとは言えないところもあります。

大切な荷物を新しい家に運んでもらうわけなのでやはり信頼できるところに引越しの依頼をしてトラブルなく新しい生活を始めることができるようにしたいものです。

引越し費用が安い季節

少しでも引越し費用を抑えたいのであれば転居するタイミングを考えることもおすすめしますが、季節によってかなり金額は違ってくるので金額が安い季節がいつかということを知って引越しをするタイミングを柔軟に変えることができるのであれば、安い時期で検討をしたいものです。

引越し費用が最も高くなる時期については春先で共通していますが、この時期に費用が高くなってしまうのは新社会人や進学などの理由で済んでいたところを離れるケースが多いためで、2月頃からじわじわと予約が増えてきて、4月上旬頃までをピークとして予約が取れないようなこともあります。

しかし、4月の中旬頃になると一気に転居する人が減ってくるのでそれに伴って引越し費用も落ち着いてくるのが普通ですが、ゴールデンウィークが終わる頃までは比較的高い水準で推移し、本格的に引越し費用がお得になってくるのは5月の中旬頃になってからとなります。

また、夏も引っ越しにかかってしまう費用が高くなるのも特徴となっていますが長期休暇を利用しての転居を考えている人が多いためで、年末頃にも金額が高くなるのでなるべく長期の休みは避けた方が引越しを考える上では無難になります。

少しでも安く済ませたい場合は自分でトラックを借りてきて荷物を運ぶという方法もありますが、この方法だとトラブルが起こることも多いので、トラブルを少しでも減らしたいのであればやはりプロのスタッフがいる業者に依頼するのが大切です。

引越し費用が安い時間

これまでに住んでいた家から新しく住み移る家に荷物を移すことを転居と言いますが、転居をする場合は業者に依頼して荷物を運んでもらうか、自分達の力でどうにか荷物を運ぶ方法がありますが、事故やトラブルなどのリスクを考慮すると業者に依頼するという方法がベストになります。

しかしながら数十万円という費用が必要になることを考えると、同じ転居であればできるだけ引越し費用を抑えたいというのが自然だと思いますが、そのためには事前準備が必要となってきます。

引越し費用が季節や曜日によって変わることは知られていますが、時間によってもかなり違ってくるのが特徴となっており、特に朝よりも午後が安い傾向にありますが、時間を指定しないフリー便などを利用するとかなり節約することができます。

なぜ、午前中よりも午後の引越し費用が安いのかという点については多くの人が午前中のうちに荷物を運んでおいて午後からの時間を片付けや挨拶、時間があれば手続きなどに費やすことができるためです。

早めに荷物を運び終えて午後からの時間を有効的に活用しようと考えている人にとっては少々デメリットもありますが、翌日も休みで時間に余裕があるような場合は最も安い時間帯を狙ったので問題ありません。

また、コンテナを使ったタイプの引っ越しプランなどになってくるとコンテナが動く時間にタイミングを合わせないといけないので自分が思っている時間に転居することができない場合もあります。

引越し費用が安い日

引越し費用をできるだけ抑えたいという場合はそのタイミングもかなり重要になってきますが、どれくらいの費用が必要になるのかについては業者によって変わってくるので、まずは見積もりなどを受けることをお勧めします。

基本的に業者へ依頼する場合の引越し費用については予約数などによってもかなり変わってくると言われていますが、予約が多くなればなるほど費用は高くなってしまう一報で予約が少ないとかかる費用も下がるという単純な側面もあります。

また、季節的な変化だけでなく日単位でかかってくる費用が異なってくることもありますが、週末になると転居をする人が増えるので、それだけ業者が忙しくなり引越し費用は高くなる傾向にあり、反対に平日のど真ん中になってくるとかなり引越し費用は抑えることができます。

気をつけないといけないのはインターネットで見積もりを受ける場合で、見積もりを受けて安くて助かったと思っていても実際に見積もりをしてもらうと思った以上に高額な費用がかかってしまうケースも少なくありません。

また、六曜などによっても変わってくるのでそれを考慮した上で転居する日を考えていくことが大切ですが、失敗してしまわないためには事前の情報収集がかなり大切です。
もちろん小規模であれば自分で軽トラックを借りてきて荷物を新居に運ぶような方法もありますが、どの方法で転居を考える場合もトラブルが発生するリスクには十分に考慮するようにしましょう。

業者を頼まない選択肢

引越し業者に依頼して転居を進めていく場合は少しでも引越し費用を抑えたいと思うのが自然だと思いますが、転居をすることになると荷物を運ぶためにかかってくるコストだけでなく新生活を始めるためにかかってくる費用なども別途で必要になってくるので金銭的な負担がかなり大きくなってしまいます。

その負担を軽減するためにも業者選びは非常に重要なポイントになってくるわけですが、最初から業者に頼まないという選択肢もあり、知っている人にお願いして協力することによって自分達だけでも荷物を運んで転居を進めていくことができます。

この場合は業者に依頼する引越し費用がそのまま不要になるので金銭的な負担はかなり軽減される期待がありますが、その一方で荷物を運ぶにあたってプロではないのでトラブルが発生してしまうリスクはどうしても否めません。

自分達の力でどうにか転居を進めていく場合は車を用意する必要がありますが、ホームセンターなどで軽トラックの貸し出しをしているところがあるので、ここで利用することやレンタカーとして荷物を運ぶことができる車両を借りるという選択肢もあります。

引越し費用を節約するあまりに転居におけるトラブルリスクを高めてしまわないように気をつけたいものですが、自分達の力で荷物を運ぶ際は準備などをきちんとしておくことも大切です。

また、転居の準備についてはできるだけ3カ月前くらいから行うのがおすすめで、手続きなどもこの頃から一部可能になります。

PAGE TOP