引越しでかかる費用の内訳

    
     

この記事を読むのに必要な時間は約 10 分です。

高くつきやすい人件費

住んでいた部屋を離れて新しい部屋に移り住む時に人だけが移るのではなく、これまでに住んでいた部屋にある荷物も運びだす必要がありますが、実家からの転居であれば実家に置いておくという選択肢があるものの、賃貸住宅から移る場合はすべてのものをどうにかしなければなりません。

引越し費用の内訳として人件費が高くなりやすいという傾向がありますが、プロのスタッフに荷物を運んでもらうことを考えると人件費が高くなってしまうのは致し方ない部分ではあります。

しかし、プランの設定などによっては人件費を抑えることができる場合もあるので賢く利用したいものですが、引越し費用を節約するというところに軸を置くのであれば自分で可能なところはスタッフに依頼しないですることが大切です。

例えば荷物だけ運んでもらって後は知人と一緒にトラックから降ろすという方法や荷解きや荷造りなどはすべて自分達で行うという方法を取るだけでも本来の引越し費用からかなり節約する効果が期待されます。

それぞれの業者によってかかってくる人件費というのは異なってくるので一概には言えない部分もありますが、インターネットで業者の情報を調べるか一括見積もりサイトなどを活用することでも知ることができると思います。

また、業者によってはトラックとドライバーだけを借りることができるというお得なプランなども用意されているので車がなく人は用意できる場合は有効的に活用するとよいでしょう。

運送にかかる引越し費用

引越し費用を少しでも節約したい場合は複数の業者を一括見積もりしてもらうことがおすすめですが、これによって最も安い引越し費用で依頼することができるところを知ることができるのでおすすめとなります。

引越し費用はいろいろな要素によって算出されるのが特徴となっていますが、大きいのは輸送するためにかかる費用や手伝ってもらうスタッフの費用となります。

ドライバーや輸送費については固定費という内訳になりますが、転居先までの距離が遠くなればなるほど費用は高くなるという相関関係にあります。

転居先までの距離が長いとかかってくる費用が大きくなるのはそれだけガソリン費用やドライバーの時間が取られるためですが、高速道路や離島などになるとフェリーなども使用することになるので、さらに運送のコストは増大することになります。

従って引越しをする前には必ずどれくらいの運送コストが必要になってくるのかということを調べておく必要性がありますが、移動する車両が軽トラックか普通車か大型トラックかによっても引越し査定で提示される金額は違ってきます。

ちなみに一括見積もりを利用する場合の注意点としては提示される金額はあくまで概算であり、実際の金額は違う可能性があるという点でここを把握してないことによってトラブルに発展することは少なくありません。

単価が高いサービスなので事前に必ずチェックしておいて後悔ないように気をつけるようにしてください。

家電などの設置にかかる費用

引越しにかかる費用の内訳として比較的ウエイトが高くなっているのがオプション費用になりますが、人件費や運送費などが固定費である反面、オプション費用については変動費になっており、オプションを多く利用すれば利用するほどかかってくる費用は比例して増えてくるのが一般的です。

オプションの中で多く利用されているのは家電の設置サービスですが、エアコンやパソコン関係の設置については依頼する人も多くなっており、電気工事業者に個人で依頼するよりも安い金額で対応してくれることができるので、これだけでもかなりの引越し費用節約効果を望むことができます。

また、引越し業者のオプションを利用して家電を設置してもらうメリットとしては転居のタイミングでサービスを受けることができるという点で、これが個人的に依頼をする場合だと予約の状況などによってかなり待たされてしまう可能性があり、転居してからサービスを受けるまでに数週間という月日が経っているようなことも十分に想定されます。

しかし、これが引越し業者の提供しているオプションサービスで転居のタイミングに合わせてくれるのですぐに利用したい場合でも安心です。

昔に比べると転居に関するプランサービスはかなり数が増えていますが、注意しないといけないのはプランサービスの内容をきちんとチェックすることで、無料の場合もあれば有料の場合もあるので特に費用面は十分に気をつけるようにしましょう。

生活雑貨や家具の購入

引越し費用を少しでも節約したい場合はプランサービスなどを賢く利用することをおすすめしますが、単身プランなどを活用する場合は安い金額で新生活を始めるためのサポートを受けることができる場合があります。

サポートの内訳としては家電や生活用品、家具などの購入費用を抑えてくれるというものですが、特に大きな業者だと家具や家電販売店などと提携を結んでいることから安く入手することができることがあります。

また、進学や期間限定の単身赴任などで転居をする場合については家具や家電などのレンタルサービスを行っているケースもあり、これだとわざわざ自分で買い揃える必要がないので費用の節約が期待されます。

ただし、この場合は毎月リースやレンタルの料金が発生することになるので、それを考えるとメリットばかりではなく、トータルコストで考えて最終的に判断することが必要になります。

また、生活雑貨や家具などはすべて揃えているとかなりの費用になってしまうことが想定されますが、中古品でも大丈夫というのであればリサイクルショップやインターネットのオークションサイトなどを活用するのも方法としてあります。

引越し費用はさまざまな要素によって算出されますが、損をしないためにはどのように引越しにかかる費用というのは算出されていくのかということを知ることで、インターネットの見積もりサイトなどを利用すると可視化されて料金の内訳が分かりやすいかもしれません。

賃貸物件へ転居する場合

引越し費用の内訳にはいろいろありますが、移り住むところによっても変わってくる部分があり、一戸建てに転居する場合と賃貸物件に転居する場合ではかかってくる費用が異なってくるケースがあります。

転居する場合に気をつけないといけないのは家賃以外にかかってくる費用で、特に敷金礼金などは事前に確認しておかないと思ったよりも高くついてしまうことがあり、引越し費用と合わせるとかなりの負担になることもあります。

また、仲介業者に依頼した場合だと仲介業者に対しての手数料などの支払いも必要になりますが、保証会社などに入ってもらう場合も別途で保証費用などが必要になってきます。
賃貸物件へ転居する場合は事前にかかる総額をきちんと調べておくことが必要ですが、家賃についても最初は一ヶ月分だけでなく二ヵ月分になっていることも多く、生活が落ち着くまでは何かとお金が要ります。

また、ここでかかってくる金銭的な負担を少しでも軽減したいのであれば初期費用が0円の物件を探すというのも選択肢としてありますが、賃貸マンションやアパートの空室が目立つようになってきている昨今においてはとにかく入ってもらうことを優先に考えているところが多いので初期費用の負担をできるだけ減らすような流れになっています。

引越し費用についてもあらかじめ見積もりをしてもらって資金計画を立てることが大切ですが、新しく生活を始めるための費用も総合的に考えることが大切です。

挨拶や組入り費用など

転居をする場合はいろいろなところでお金が必要になりますが、あらかじめ資金計画をきちんと立てて引越し費用がどれくらい必要になるのかということを把握してないとお金が足りなくなってしまうようなことも想定されます。

また、引越し費用の中で大きくかかってくるのは新生活を始めるために必要な生活雑貨や家電、家具などを揃えるための費用と荷物を運ぶための費用ですが、新しく生活を始める住宅の周辺住人に対しての挨拶やこれまでお世話になってきた人に対しての挨拶時に必要となる菓子折りなどにかかる費用なども結構な金額になることがあります。

そのため、事前に何件くらいに挨拶をするのかということを考えておく必要がありますが、特に一戸建ての住宅に転居する場合はその後のお付き合いも長くなるのが普通なので、早めに対応することが大切です。

また、地域によっては転居して生活を始めようとする場合に組入りをしないといけないところも多くありますが、その際に数万円という単位の組入り入会費用が必要になることもあります。

これについては事前に自治会の組長などに確認しておくことをおすすめしますが、組入りしてないとその後の近所付き合いに影響することがあるので気をつける必要があります。

引越し費用は荷物の運搬や生活を始めるための準備だけでなく思っても無かったようなところで結構な費用が必要になることもあるので、できるだけ資金計画には余裕を持たせることが大切です。

PAGE TOP