引越しの進め方

    
     

この記事を読むのに必要な時間は約 10 分です。

引越し費用を軸において業者を選ぶ場合

最近は大手業者だけでなく個人業者タイプの引越し業者も増えていますが、個人業者タイプだとインターネットでの検索にあまりかからないこともあるので、地域の情報誌などもチェックしてみるとことをおすすめします。
サービスに違いはあっても荷物を新しく生活を始める部屋に運んでもらうという点では共通しているので、できるだけ費用を抑えた引越しにしたいという人も多いと思います。
引越し費用を少しでも抑えたい場合は一括見積もりの利用をおすすめしますが、これはリアルタイムで複数の業者から見積もりをしてもらえるという仕組みで、インターネットの専用サイトからの利用になりますが、利用については用意されているフォームに必要な情報を入力するだけという簡単なものになっています。
ただし、気をつけないといけないのはせっかく見積もりをしても実際に引越しを進めていく場合は見積もりしてもらった費用とかなり違いが出てくるというケースがあるという点です。

引越し費用は荷物を運搬する際にかかってくる費用だけでなく、他にもいろいろな要素で必要になるという点にも気をつける必要がありますが、賃貸住宅に住んでいた場合はハウスクリーニングなどが別途で必要になってくることもあります。
ただし、オプションなどを賢く利用することによってかなり金銭的な負担を減らすことができるので、まずは費用だけでなくどのようなオプションが用意されているかということをチェックしましょう。

引越しに必要な手続き

引越し費用をできるだけ抑えたいのであれば事前の準備は必要ですが、早いうちから一括見積もりサイトなどを利用して資金計画を立てることが引越し費用を抑えるためのコツで、引越しをするタイミング前後になってくるとかなり忙しくなるので早いうちの対応が必要不可欠になります。

早めの準備をすることによって引越し費用は抑えることができるようになりますが、気をつけないといけないのは資金には余裕を持たせるという点で、引越しを進めていく中で想定してなかった費用が必要になるようなケースは少なくありません。

また、手続きをするタイミングについても十分に気をつける必要がありますが、引越しをする場合は新しい家に生活の拠点を移すための手続きが必要になっており、ライフライン関係の手続きや市役所関係の手続き、他にも郵便や固定電話などの手続きも忘れてはなりません。

早い手続きだと引越しする日から遡って三カ月前くらいから手続きをすることができるものもあるので、転居日前後になると忙しくなることを考えるとできるだけ早いうちから手続きを進めておくようにしましょう。

また、転出届や転入届などをはきちんと提出して受理されないと新しく生活を始める地域で自治体のサービスを受けることができないこともあります。
忙しい場合は引越し業者が代行で手続きをしてくれるようなところもあるので、そのような業者を選んで手続きを代わりに進めてもらうことをおすすめします。

自動車や二輪車の輸送について

引越しをすることになったら荷物を新しい部屋に移すことが必要になってきますが、その際に乗っている自動車や二輪車がある場合はどのようにして運ぶかというのがポイントになります。

引越し業者に依頼している場合でも自動車や二輪車の輸送は別途になっていることが多いので、思わぬところで引越し費用が高くついてしまうこともありますが、そうならないためにも事前に確認しておくことが大切です。
基本的にオプションサービスなどを活用することによって運んでもらうことはできますが、引越し費用をできるだけ抑えたいという場合は自分で新しい住宅まで乗って持って行くという方法がベストになります。

それだけでかなり引越し費用を抑えることができますが、特に自動車で移動するような場合は荷物を少しでも積んでいけば費用の節約になる可能性も大いにあります。
また、転居先であまり乗る機会が無いと想定される場合は売却して現金化するというのも方法の一つで乗っていなくても維持費用がかかることを考えると早いうちに売却しておくのも良いかもしれません。

今はインターネットを活用して中古車やバイクの買い取り査定を受けることが可能で、さらに即日での引き取りにも対応しているところが多いので、引越しをしている中で忙しくてもあまり手間をかけずに売却ができます。
高く売りたい場合は自分で価格設定が可能なインターネットのオークションサイトなどを活用する方法がベストな方法にはなってきます。

挨拶のタイミング

引越し費用でかかってくる最も大きい料金の内訳はやはり荷物を運ぶ費用だと思いますが、単身世帯での転居になると費用は数万円程度で可能なケースが多いのですが、これが世帯単位での転居になると費用は数十万円という費用が必要になってきます。

新しい生活を始めるためにも生活用品などを揃えないといけないので引越し費用はさらに増えることに繋がってきますが、少しでも引越し費用を抑えたいのであれば早いうちから資金計画をきちんと立てることは大切です。

また、挨拶をする際の菓子折りなども積み重なってくると結構な費用になることが想定されるので事前に確認しておく必要がありますが、意外と挨拶にかかってくる菓子折りの費用などについては盲点になっていることも多いので資金計画を立てる段階から考慮しておく必要があります。

ちなみに挨拶のタイミングとして相応しいのは転居して数日以内になりますが、一戸建てに移り住む場合に注文住宅の場合は工事で迷惑をかけることも想定されるため、工事が始まる前にも挨拶をしておくのが基本となっています。

しかしながら賃貸マンションやアパートなどに転居する場合で女性が単身で転居するような場合ついては挨拶をすることが身の危険を増やすようなことにもなるので、敢えて挨拶をしないという流れもあります。

防犯面を考慮する場合については引越し業者に依頼して代わりに挨拶をしてもらうか知人などに依頼して挨拶してもらうことが推奨されます。

いつ頃から準備をするか?

引越しが決まってから本格的に準備を始めるまでの期間はできるだけ短い方がよいですが、転居日の前後になってくると手続きや挨拶、新生活を始めるための準備などでかなり時間を費やしてしまうので、バタバタしてしまわないようにするためにも気をつける必要があります。

引越しの準備は転居日から遡って最低でも3カ月前くらいからは始めたいところですが、特に転居日が春先になる場合は引越し業者も繁忙期を迎えているので予約をしたくても予約することができないような状態になることがあります。

また、早めに予約を取っておけば引越し費用がそこまで高くなることもないので、引越し費用という面から考えても早めに行動を移しておくことが大切です。

ちなみに手続きについても早いものでは3カ月前くらいから可能なものもありますが、転居する先と転居日が決まっていれば、大抵の手続きは早いうちからできるので、当日になって焦ってしまうことがないためにも早めに準備しておきましょう。

引越し費用を抑えるために不要品をネットオークションサイトなどで売却するというケースもあると思いますが、ネットオークションサイトだと自分で売価する金額設定をすることができる一方で、いつ売ることができるかどうかというのは不透明なので時間に余裕がある方が売れる可能性は高くなります。

そう考えると不要品の処分についてもできるだけ早めに行動に移すことが重要なポイントになってくると思います。

気持ちよく新生活をスタートさせるためにも

引越しをするということはこれまで住んでいたところと全く違うところに移り住むわけですが、生活の中心である住居が変わると心境の変化などもかなり大きくなってくるので気持ちの負担が増える一方で新生活が始まるという期待感もたくさんあると思います。

せっかくなので転居した後は気持ちよく生活を送りたいところですが、引越し業者に依頼して荷物を運んでもらってトラブルが発生して、新生活が始まっても問題が継続して続いてしまうようなことは実際に多く起こっています。

気持ちよく新生活をスタートさせるためにも引越し業者選びは妥協ないようにしたいものですが、引越し費用が高いからと言って質が良い業者というわけでもなく、反対に引越し費用が安いからと言って質が悪い業者というわけではありません。

しかし、これまでに引越し業者を利用したことがないとどうしても引越し費用によって業者の価値を計ってしまう傾向にありますが、それよりもレビューや口コミなど実際に利用したことがある人の評判を調べることの方が大切です。

どちらにしてもトラブルにならないようにするためにも見積もりや契約の段階から業者とは詰めた話をしておくことが大切です。

引越し費用の内訳にはいろいろありますが、見積もりと実際にかかってくる金額では違いが出ることも少なくないので、その点についてはきちんとチェックしておくことが大切で多くのトラブルは事前確認で大抵は防ぐことができるようになっています。

PAGE TOP